2010年 11月 05日

ボランジェロゼ グランダネ グランダネMAG ルイジャド マルゴー1981 

e0063309_12432964.jpg
ショコラ。

イタリア・トリノから。

e0063309_12441453.jpg
オリーヴオイル。

イタリア・トスカーナから。

e0063309_12471113.jpg
この季節の夕日は、とっても綺麗だよね。

e0063309_12485186.jpg
★BOLLINGER ROSE / NV  8,250円

一貫した家族経営の元、今や押しも押されもせぬグラン・メゾンとして
 世界に名を馳せている「ボランジェ」。
 創業者のドイツ人、ジャック・ボランジェ氏によって1829年にスタートした
 歴史あるメゾンですが、五代に渡って脈々と継承されてきた家族経営によって
 徐々に自社畑を拡大していった結果、現在は70%が自社の畑という、
 高い自社畑比率を保っているとのことです。

 自社畑保有率が高いということは、作り出すシャンパーニュの質にも
 もちろん良い影響を与えるわけで、同社が現シャンパーニュ業界の
 トップクラスに鎮座し続けられるのにも納得がゆくというものでしょう。

 メゾンの拠点は、銘醸地として名高いアイ村。そして、かの地のグラン・クリュ、
 プルミエ・クリュで育つピノ・ノワールを主体に、存在感で一つ頭を抜きん出た
 逸品を世に送り出しているといいます。
 
今回はノン・ヴィンテージのロゼ!
 パーカーポイント89点を獲得しているこちらの作品は、ピノ・ノワール62%、
 シャルドネ24%、ピノ・ムニエ14%で構成されており、これはボランジェの
 「スペシャル・キュヴェ NV」のセパージュと大体同じような比率になっています。
 さらにノン・ヴィンテージのロゼでは、ここに3週間スキン・コンタクトで浸漬した
 ピノ・ノワールの非発砲果汁を5%加えているとのこと。
 
 パーカー氏曰く、この高いピノ・ノワールの比率がボランジェのロゼ・
 シャンパーニュの個性形成に大きく貢献しているそうで、「豊満かつ肌理の細かい、
 大胆なシャンパーニュ」に仕上げるために欠かせない要素になっているようです。

 ボランジェが初リリースしたロゼ・シャンパーニュとして知られる
 こちらのアイテム…シャンパーニュ好きの方へのギフトとして、
 磐石の一本と言えるでしょう!

e0063309_1324112.jpg
☆BOLLINGER GRANDE ANNEE / 2000  11,970円

ボランジェから、さらに魅惑的なラインナップ「グラン・ダネ」。

 「グラン・ダネ」とは「偉大な年」という意味の言葉で、
 その名が示すとおり、こちらはシャンパーニュのグレート・ヴィンテージにのみ
 造られるミレジメものです。

e0063309_13254087.jpg
☆BOLLINGER GRANDE ANNEE MAG / 1997 23,400円

ヴィンテージ違いでマグナムボトルも到着!

 パーカーポイントは2000年が93点と素晴らしい評価。
 マグナムボトルも、パーティーの盛り上げ役として大活躍して
 くれそうですね。

e0063309_13282449.jpg
●VOSNE ROMANEE / LOUIS JADOT / 2005  6,300円

バッカスの肖像が目を引くラベルで、日本でもお馴染みの顔となった
 老舗「ルイ・ジャド」。
 
 1859年創立、ブルゴーニュ有数のネゴシアンである同社は、ネゴシアンとして
 ブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方で、総面積105haという
 ブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあるルイ・ジャドですが、
 その造りはブドウの持ち味を素直に引き出しているような、奥ゆかしさを
 感じさせます。ゆえに、意識的にブルゴーニュのテロワールを味わいたいような
 場合には、特にジャドのワインは試す価値があると言えそうです。

ルイ・ジャドによる「ヴォーヌ・ロマネ」は、
 ブルゴーニュのグレート・ヴィンテージとなった2005年ゆえ、このアイテムも、
 肉付きの良さやなめらかなタンニンといったヴォーヌ・ロマネの個性を
 存分に楽しめる逸品に仕上がっているはず。

 パーカーポイントは、88-90点と、満足感の高そうな評価になっております。

e0063309_1331632.jpg
●MARGAUX / 1981   44,700円

 ★目玉~!

 「ボルドーの女王」シャトー・マルゴーです!!

 柔らかで繊細、壮麗かつ奥行きの深い風味を持ち、16世紀より
その名声と共に多くの著名人を魅了してきました。
 五大シャトーの中で最も柔らかく女性好みであり、優美な味わいと
 繊細な芳香をその身に秘め、普段ワインを飲まない方ですら
 「最高級ワイン」の代名詞としてその名を挙げることができるほどの
 知名度を誇っています。

  1981年におけるボルドーの赤ワインは、一般的にオフ・ヴィンテージとして
 認識されており、取っておくより早めに飲んでしまえ、というのが
 セオリーだと言われてきました。
 
 しかし、マルゴーにおいては、さにあらず。
 「シャトー・マルゴー 1981年」は、パーカー氏が評点をつけた
 1981年の全てのボルドー赤ワインの中で、ラフィットと並んで
 「91点」という最高得点を獲得しており、この年のボルドーワインの
 頂点に輝いたと言っても良い出来栄えになっているのです。
 (ちなみに1981年ヴィンテージの他の五大シャトーの評点は、
  ラトゥールが88点、オー・ブリオンが85点、ムートンが79点(!)となっております)

  しかも来年2011年は、30歳のお誕生日を迎える方の
 バースデー・ヴィンテージですから、需要もうなぎのぼりになるはず。

どうぞ、お見逃しなく。。。

 
[PR]

by kimurayasaketen | 2010-11-05 13:37


<< 朝日新聞 「声」      萬年白麹   黒瀬安光 >>