キムラヤ ブログ

kimurayasa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 27日

手にとってみる?    波と随筆    波乗り=幸せの近道

e0063309_10382980.jpg
酒器 その2

e0063309_10385858.jpg
お倉が浜、AM5:30、セット胸、どダンパー、あきのそら



e0063309_10394728.jpg
そんな波の日は

寝そべり、ごろごろ。

e0063309_10404810.jpg
読んでた本は、コレ。


家庭料理、実質料理、一元料理、
そこにはなんらの思惑がはさまれていない。
ありのままの料理。
それは素人の料理であるけれども、
一家の和楽、団欒がそれにかかわっているのだとすれば、
精一杯の、まごころの料理になるのである。
味噌汁であろうと、漬けものであろうと、なにもかもが美味い。
それを今日の簡単主義と、ものぐさ主義が、商業料理へ追いやってしまって、
家庭の料理は破滅に陥ったのである。

昭和28年    北大路魯山人


Tさんの蔵書に(謝)!

e0063309_1043028.jpg
とはいえ、夕方までは入って満足。

で、サーフィン出来れてる 「今」 に感謝です。

e0063309_1044538.jpg


e0063309_1046470.jpg


e0063309_10461223.jpg


[PR]

by kimurayasaketen | 2009-08-27 10:48


<< 大吟醸・春雷    おやつ  ...      酒器   もうすぐ「情熱大陸」... >>